2008年10月16日

11雨ふり道玄坂

11雨ふり道玄坂
意外とこの歌が好きな人がいて驚いている。作った時はかなり「白い冬」を意識したのを覚えている。デビューから2年ほどたっていたが、なかなか良い歌が出来なくて悶々としていた。しかしのたうち回って出来ない、出来ないというほどでもなかった。
海援隊の武田さんは博多出身である。九州の人間は負け犬では故郷に帰れない。凱旋でなければいけないと話してくれたことがある。周りから後ろ指を指されて歩くことも出来ない。ところ変わればこうも違うのだと思った。考えたともなかったので、ふーんと聞いていた。まぁ売れなければ帰ればいいわけで・・・
翌年「風来坊」が出来て溜飲を下げたので問題もなく今に至っている。何とかなるもんだ。嫌なやつと付き合わなければ。

「雨ふり道玄坂」
Am    F C   DmC    A#     Am
ガラス窓から 後ろ姿が 雨に煙り かすんで消える
   Dm          Am   G     Am
ただあなたに嫌われないように いつか長い髪も切ったのに
電話ボックスで 夜が明けるまで 一人で寒さ しのいだ冬の日
ただあなたの笑顔が 見たくて一人 馬鹿げたことも してきた
F   C   G        C
雨ふりの道玄坂 バスを待つあなたの
F   C      F          Am
淋しさに声かけたのは 気まぐれじゃなかったわ
F   C   G        C
雨ふりの道玄坂 バスを待つあなたの
F   C      G          Am
淋しさに声かけたのは 気まぐれじゃなかったわ

今日が二人の 終わりだなんて 誰が決めたの 一年少しで 
ただあなたに夢中で 暮らしてきた今は 誰も何も信じたくない
雨ふりの道玄坂 目を閉じてあなたの
淋しさに抱かれたのは 気まぐれじゃなかったわ
雨ふりの道玄坂 目を閉じてあなたの
淋しさに抱かれたのは 気まぐれじゃなかったわ

雨ふりの道玄坂 目を閉じてあなたの
淋しさに抱かれたのは 気まぐれじゃなかったわ
雨ふりの道玄坂 目を閉じてあなたの
淋しさに抱かれたのは 気まぐれじゃなかったわ

posted by 山木康世 at 08:01 | TrackBack(0) | 嶺上開花(リンシャンカイホー)
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/21209984

この記事へのトラックバック